塚原のミルク村にアイスを食べに行こう!と出かけましたが、
途中にある塚原温泉によってみました。
ここは、高速道路から噴煙が立ち上っているのをよく見ていて、
一度行ってみようと思っていました。

塚原温泉は、標高約800メートル、噴気が立ち昇る伽藍岳(がらんだけ)1045メートルの中腹にあり、平安の頃より湧き続ける温度約60℃、ペーハー約1.4、の強酸性の湯です。
今では、日帰り入浴の火口乃泉一軒が営業しております。循環・ろ過・沸かし・加水など一切せず、自噴かけ流しの湯で入浴する温泉です。
酸性度の高さ、アルミニウムイオンの多さは日本第二位、鉄イオン含有量の多さは、日本第一位です。
日本3大薬湯の一つとして、全国に知られています。
 
未舗装の道を1㌔ほど上っていくと「火口乃泉」さん。
イメージ 1

家族湯も露天風呂もあります。今回は、入浴の予定ではなかったので、入りませんでした。

受付に「火口見学の方は、お届け下さい。」と書いてあって
「火口があるんだ。火口見学出来るんだ。」ということで
受付から15分位登っていきました。
火口にだんだんと近づき、ビックリしました。ぶくぶくと大きな泡。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

塚原高原や由布岳が見えます。良い眺めです。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


このあと目的地のミルク村でアイスを食べました。
イメージ 8

私は、ミルクとイチジクのダブル。パパさんは、ミルクと苺のダブル。
イメージ 9

ほどよい甘さで美味しいです。
爽やかな風を感じながら自然の中で自然の味をいただく。うーん、満足。