平成26年11月15日(土)晴れ
 
天気予報は、「晴れ 朝は冷え込む」とのことなので
ゆっくりと10時頃から登れる山にしよう!と。
「猟師岳と合頭山」に決定。
 
木曜日に「くじゅうでは、うっすら積雪」とニュースで見たけど
もう溶けているだろうと思ってたので、行ってみてびっくり。
白く雪の九重連山、雪山!とうれしくなりました。
 
イメージ 1
 
午前中は、風も冷たく、空には雲も多く、冬って感じだったけど
だんだんと雲が取れ、晴れ間が広がり、暖かくなるにつれ、雪も解けたようです。
雪のお山が見れて、サイコーでした。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10:20登山口発-10:40合頭山分岐-11:05猟師岳11:25-12:05分岐-12:20合頭山13:25-13:40分岐-13:55登山口着
 
総歩行距離4.2㎞
 
登山道は、なだらかで茅や笹をきれいに切って下さりよく整備されています。
三俣山や牧ノ戸峠から沓掛山、星生山、星生崎、久住山、肥前ヶ城、扇ヶ鼻。
涌蓋山、みそごぶし山、一目山。
阿蘇山、祖母・傾山。
東西南北、どちらを見ても眺めがよく歩きやすいハイキングコース。
景色を眺め、写真を撮り、ゆったりと。
初めて登った猟師岳と合頭山、すっごく気に入りました。
イメージ 2
 
<涌蓋山の方向>
九重スキー場では、雪作りが始まっていました。小松地獄や八丁原地熱発電所の方向からはモクモクと噴煙。
イメージ 3
 
<振り返って>
黒岩山、三俣山。登山道がススキの中にくっきりと。
イメージ 4
 
<猟師岳山頂>
イメージ 5
 
山頂で、山々の眺めを楽しみ、下山。
合頭山への分岐まで戻ります。
分岐から合頭山への登山道も景色を楽しみながら、気持ちよく。
 
イメージ 6
 
山頂の少し手前からの眺め、三俣山と硫黄山の間から大船山が見えました。
こちら側から大船山が見えるなんて!すっごく、感激!
一部なので違う山容です。かっこいい!
ここからの眺め、すっごく気に入りました。
ここで昼食・まったりとコーヒータイム。
 
イメージ 7
 
来てよかった~。気持ちの良い登山道と素敵なお山の眺め。
猟師岳と合頭山、楽しいハイキングとなりました。
ありがとうございます。
 
帰りに、『レゾネイト クラブくじゅう』の前にある”くじゅう山の神湧水『一番水』”でお水を汲んで帰りました。
いただいたお水は、 水温8.5度と九州で一番低い地下水と言われているそうです。 
 
そして、家に帰ってから、タイヤ屋さんへ夏タイヤから冬タイヤに履き替えへ。
これで寒くなってもくじゅうへの道、安心して行けます。
雪のくじゅう、楽しみです。
 
登山ブログ  https://outdoor.blogmura.com/tozan/ 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。
 
ありがとうございます。