るりだま日記

くじゅうの山に魅せられ、まったりと写真を撮りながら登っています。

2006年12月

今日でリーグ終わりました。

最後は勝って終わりたかったのに!負けましたよ。

高松が、足の具合が悪く今日出れないから、かわりに出るラファエルでは、

ポストは出来ないし、キープも出来ないし、で今日の試合も厳しいな。とは思ってたけど

案の定、そのまんま。それにどフリーを決めきらなかった(怒)

前半を0-0で折り返した後半から大輔に替えて欲しかったよ。とにかく選手交代遅すぎ!

得点されたら普通打開を図るためにカード切るんじゃないんかな?

せめて追いつきたかったよね。

なんで最終節のホーム試合で相手チームの歓喜の歌を聞かんといけんの!

今シーズンを勝ちで締めくくりたかったね。

まあね、毎年残留争いの中にいて、はらはらしながらのシーズンだったのが

今年は序盤こそ良くなかったけど徐々に順位を上げていき上位集団に食い込む勢いだったんだから。

「4位目標」なんて聞いた時には笑いが止まらなかったよ。まあ、楽しいいい夢を見させてもらったね。

一挙に上位チームになれるわけないもんね。J1に上がって4年。まだまだ。

シャムスカ監督と3年契約、中盤の勢いの良かったときには監督の続投を切に願っていたけど

終盤の失速、来シーズンからの3年間が、全てばら色ではないと思う。

確かにシャムスカ監督は、すばらしい方だけど、うちのような金銭的に余裕のないクラブにとって

3年契約は、やはり賭けです。今後の3年間にじっくり常勝チームになれるよう取り組んで

4~5年後には優勝の狙えるチームへとなっていたらうれしいです。

まあ、勝とうが負けようが、応援するのみです。

天皇杯残っているけど一応今日でリーグ終了ということで有終の美を飾れなかったことは残念ですが、

8位ということで「お疲れ様でした。ありがとうございました。」ということで。m(_ _)m

いよいよ今シーズンも今日で最終節です。

シーズンチケットも最後の一枚。今年は、リーグ観戦全部行けました!(ホームだけだけと゛)

ナビスコ杯も京都戦だけ行けなかったけど二回は、行ったし。

出席率は、この5年間の中で一番。今日で終わりは寂しいな。

でも今日も頑張って応援しようと。

対戦相手はFC東京。第一節で対戦したときは、0-2で負けちゃったんだよね。

シーズン前のキャンプとかも少々遅かったからかな。

まあ、出足は悪かったけどだんだんと調子を上げていき、順位は、今までにない「最高!」すごい。

今シーズンを今日勝って賞金圏内の7位で終了したいね。

負けても最悪10位で去年の11位よりいいんだけど、

やっぱり最終節は勝って喜んで終わりたいよね。

今日も九石ド-ムは、寒そうだけど頑張ります。沢山の観客が来てくれるといいな。

イメージ 1

12月になりました。

昨夜、大分でも「おおいたファンタジー」が始まりました。

昨夜は少ししか見てないけどイルミネーション、とってもきれいです。

今度ゆっくり遊歩公園を歩くつもりです。

今日は朝から家事を忙しくして、クリスマスツリーを今、出しました。

夜になったらライトを設置してキラキラを楽しむ予定です。

終わって「ほっ」です。結構、飾り付け考えながらで時間かかります。でも楽しいけどね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

私の名前は「るりだま」です。

「ヒゴタイ」という大陸性植物があります。朝鮮半島中部以南に分布し,九州では以前は普通に見られま

したが,現在は,むやみに採取され野生種は少なくなり,阿蘇でも稀にしか見ることが出来なくなってい

ます。花は8~9月にかけ咲き、花の姿は完全な球形の花をつけます。おかしな名ですが貝原益軒の「大

和本草」(1709年)に「平行帯(ひんこうたい),花るり色なり,葉は敗醤(おみなえし)に似た

り」と書かれています。江戸時代中期から栽培されていたようです。移植をすると根の先を切るので,大

変つきにくいため、草原から持ち帰ってもつかないことが多いので,神々の山阿蘇をバックに花を味わう

ほうが最良です。産山村の「ヒゴタイ公園」で見ることが出来ます。

「瑠璃玉アザミ」はヒゴタイ属のヨーロッパ原産の園芸種で同じく7~8月に開花します。

ウラジロヒゴタイとも呼ばれます。 ヒゴタイとおなじ形・色です。

私は以前、生け花の材料として「瑠璃玉アザミ」を使い、先生から「るりだま」と教わりました。

「るりだま」の球形のかわいさ、薄紫の色合い、名前の響きから大好きなお花となりました。

今日「大分の所どころ」のmakkhyさんから「ヒゴタイ」の画像を頂きましたのでご紹介します。
(一枚目がそうです。)

↑このページのトップヘ