るりだま日記

くじゅうの山に魅せられ、まったりと写真を撮りながら登っています。

2015年11月

紅葉を求めて、玖珠町にある「立羽田(たちはた)の景」と中津市耶馬渓にある「一目八景(ひとめはっけい)」に行ってきました。(11月15日)

立羽田の景(玖珠町大字古後)

まずは、玖珠町古後の「立羽田の景」へ。

イメージ 1

立羽田の景は、約1kmに渡り岩峰が林立する景勝地。
縦に切り立った大きな岩がつながり、ふもとには、田んぼと集落。

イメージ 2

ゆっくりと岩峰をながめながらの散策。
稲刈りが終わった田んぼ、点在する家屋。
ちょうどお昼時だったからか、誰も外に出ておらず。

イメージ 3

イメージ 4

岩峰は、びっくりな形で崩れないのかしら?近くに行けるのかしら?
自然ってすごいねぇ。
イメージ 5

イメージ 6

萌えるような紅葉ではなく、静かな山村の晩秋を感じさせる紅葉。
落ち着きます。のどかというか、急ぐことはないんだよ、悩まないでいいんだよ。
自然体で生活していけばいんだよ。って感じます。
心穏やかに日々を過ごしたいと。

一目八景(深耶馬渓)

次に向かったのは、紅葉の名所「一目八景」
名勝・耶馬溪の中でも特に風光明媚と言われています。
「一目八景」は、一度に海望嶺、仙人岩、嘯猿山、夫婦岩、群猿山、烏帽子岩、雄鹿長尾嶺、鷲の巣山の八つの景色が眺望できることから名がついています。

さすがの観光名所、渋滞です。
車が「一寸ずり」。(方言です。ちょっとずつしか動かないこと)
時間が下がっていたので観光客は減っているだろうと思ったのが間違い。
車の列、人、人。

紅葉は・・・・・・
前日の雨で散ったのか、終わりかけかな。
イメージ 7
真ん中の2本の岩は夫婦岩というそうです。

ここでも、岩峰がすごいねぇ。
紅葉より、岩に感動している私です。
あそこに行けるのかしら?登れるのかしら?登ってみたいと。
黒岳の天狗に登れなかった私が行けるはずないじゃん。
と一人で突っ込みをいれながら。
登山を始めて、山を見る見方が変わっちゃいました。(笑)
イメージ 8




登山ブログ 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。
イメージ 15 
ありがとうございます

東九州道蒲江インターをおりてすぐ、
佐伯の特産品を販売する「海べ(アマベ)の市」と
海を眺めながら食事ができる「海のレストラン 笑魚(ワライヨ)」
に行ってきました。

イメージ 4

レストランは、順番待ち。
待ってる間、直売所を見て回りました。
刺身や貝類、あじの開きなどの干物がたくさん。
おいしそう、どれを買えばいいかしら。と楽しくなります。

そうこうしているうちに食事の順番が来ました。
いただいたのは、笑魚海鮮丼と伊勢エビ海鮮丼。
イメージ 1

イメージ 3

お魚が新鮮でとっても美味しい。満足、満足。

イメージ 2

蒲江の海で採れた新鮮な魚、美味しいはずです。

インター降りてすぐの良い場所。
新鮮な海産物が買える直売所。
新鮮なお魚が食べられるレストラン。
お客さんが多いのがわかります。





登山ブログ 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。
イメージ 15 
ありがとうございます

波戸岬の夕陽

波戸岬は、夕日のビュースポット。
海の水平線に落ちる太陽。見たかったんです。
ずっと前に天草でみたとき、相当きれいで感動。また、いつか見たいと思っていて。
寒いけど日が沈むのを待ちます。

イメージ 1

イメージ 2

空の青と雲。海、太陽。
だんだんと、徐々に。
綺麗です。
イメージ 3

もう、おちそう。
島の後ろに沈みます。ホント、綺麗。心が澄みます。
イメージ 4

太陽、見えなくなっちゃった。
イメージ 5

静か、波の音だけ。
いつまでも眺めていたい風景。
こころ、無にして。


登山ブログ 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。
イメージ 15 
ありがとうございます



前々から食べに行ってみたかった、「呼子のイカ」。
10月31日(土)に行ってきました。
小鉢・いかしゅうまい・活き造り・天ぷら(塩焼き)・ご飯・お吸い物・デザート
イメージ 2

急に決まったので家を出たのが8時半。3時間のドライブで11時半着。
日本三大朝市の1つ「呼子の朝市」。12時までの開催にどうにか間に合いました。
イメージ 1

もう店じまいをしてる所もあり、お客さんも少なくなってたけど
イカやアジ・サバの干物、サザエ・ウニ、イカの塩辛などたくさんのお店があって
朝市の雰囲気を楽しめました。
おばちゃんと会話をしながらの買い物。
ウニはその場で割ってもらい食べました。
う~ん、新鮮。
イメージ 3

その後、港を眺めながら昼食。
イメージ 4
透き通るヤリイカのお刺身、新鮮でした。

玄界灘と七ツ釜の警官が楽しめるという「七ツ釜遊覧船イカ丸」に乗りたかったけど
風が強く欠航で残念。
7つのかまどを並べたような崖、波が穏やかな時は洞窟の中までは入れることもあるそう。行ってみたかったな。

呼子大橋へ。
先月は、山口の角島大橋に行ったのに、なんか島を結ぶ橋に行ってばかり・・・
イメージ 5
呼子大橋の下には、弁天島があって遊歩道で行けます。
太閤秀吉が朝鮮出兵の折り、舟遊びをしたという名所。ビックリでした。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

橋を渡って加部島へ。
イメージ 9
すごいねぇ。そして、綺麗な形。
「風の見える公園」から、全長728mの呼子大橋がすべて眺められます。
イメージ 10

加部島の最北端には、「杉ノ原展望台と杉ノ原牧場」があります。
玄界灘の水平線を眺めながら散策。
イメージ 11

牛くんもゆったりと。
イメージ 12

玄界灘ビュースポットの「名護屋城跡」へ。
秀吉の前進基地となった城跡ということでとにかく広い。17万㎡。
相当な権力を持っていたんやなと。
イメージ 13

波戸岬へ。
恋人の聖地サテライト
イメージ 14
これ、あっちこっちにあるねぇ。

波戸岬名物の「サザエのつぼ焼き小屋」
イメージ 15
15軒くらいありました。
建物のなかにそれぞれのおばちゃんのお店があります。
炭火で焼くサザエの香り、ベンチに座って待ちます。
新鮮でおいしかった~。




登山ブログ 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。
イメージ 15 
ありがとうございます


根子岳 1433m

涅槃像の阿蘇五岳(根子岳、高岳、中岳、鳥帽子岳。杵島岳)。
仏様のお顔部分に当たる鋸状の岩峰「根子岳」。
(2015.10.24)
イメージ 1

お天気の良いこの日、南阿蘇へドライブ。
子供のころから、阿蘇山といえば根子岳。鋸の山容が、好きでした。
西峰 天狗岩 東峰。
「登る」なんて思いもしなかった山
山のぼりを始めた今は、「根子岳に登る」ことを想像できるようになりました。
途中、根子岳の登山口ってどんなとこ?と、大戸尾根ルートの登山口によってみました。
紅葉登山にぴったりのこの日、駐車場は満車。多くの方が登ったようです。

イメージ 2

こうして、根子岳の麓で眺めてみて、「あんな岩に登るなんて、すごい。」と。天狗の肩にも私なんぞは、行けません。東峰までですね。
天狗岩には、クライミングのできる人でないと。
イメージ 3

それにしても、かっこいい山容です。
イメージ 4
眺めていて飽きない、時間を忘れて眺めてしまいます。
しかし、崩落が激しいですね。
どんどん崩れていくって感じ。
何十年、何百年後は、どんなになっているんだろう。

イメージ 5

高岳、中岳。
この日は、白い噴煙が少し。でも、硫黄臭は、結構感じます。
イメージ 6

ホント、良いお天気。のどかな阿蘇の風景。
心、穏やかになります

お昼は、何にしましょうかと。
高森といえば、田楽。
ちょうどお昼ということでどこも多く。
なら、阿蘇山を一望できる「あそ望の郷 くぎの」へ。
あか牛をいただき、モンベルさんをのぞき、のんびり。
ブログに載っていた「地蔵峠の紅葉」に行ってみることにしました。
イメージ 7

ススキが陽に照らされ、風に揺れ、綺麗です。
イメージ 8

どんどん登っていくと「地蔵峠」に着きました。
地蔵峠は、外輪山を周回する時に通るところ。
登山者の安全と遭難者の供養のため、お地蔵さまが祀られていました。
イメージ 9

紅葉は、イマイチかな。
そして、PМ2.5で霞んでいます。残念ですね。
大気汚染、PМ2.5。
秋のさわやかな、澄んだ空気のなか、遠く遠くまで効く眺望。
もう、見ることは少なくなっています。悲しいことです。

登山ブログ 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。
イメージ 15 
ありがとうございます。

↑このページのトップヘ