るりだま日記

くじゅうの山に魅せられ、まったりと写真を撮りながら登っています。

2016年03月

開聞岳を下山後、最南端の駅「西大山駅」へ。
イメージ 1

静かな、無人駅を想像していましたが・・・・

大陸からの観光客の貸切バスが止まっていて・・・
まあ、にぎやかなこと。
何度も同じ方が、撮り直しをするんです。参りました(´Д⊂グスン
撮影スポットの順番が来ない。
イメージ 2

イメージ 3

最西端の佐世保は、行ったことあるし・・・
最北端の稚内、行ってみたい!鉄道で、ことこと。

にぎやかな集団を避け、先に出発。
次に向かったのは、3月~10月の大潮・中潮の干潟時に砂州ができる「知林ヶ島」
イメージ 4

ちょうど、大きな砂州ができて、つながっていました。
下山が遅くなって、間に合わないかと心配していましたが、
まだまだ。
でも、疲れた足は、島に砂州を歩いて渡ろう!って気を起させませんでした。片道800mほどなんですが・・・。

イメージ 5
桜島、大きいね~。

イメージ 2

イメージ 15 

皆さんの素敵な登山ブログが多くあります

ありがとうございます。













開聞岳に登って、宿泊したのは、「民宿千成荘」さん。
最初の予定では、13日に登るつもりだったから、朝食無しで予約してました。

夕食です。
イメージ 1
献立は、
刺身(ハマチとタイとカツオ)、キビナゴのフライ、カツオの焼き物、豚の蒸し物(タレは、焼肉のタレ風)、大根の酢の物、ご飯とお吸い物、果物
あっ、お刺身が写真に写ってない!

キビナゴのフライがとっても美味しかったです。

温泉は、ナトリウム-塩化物泉。とっても気持ち良かったです。

登山の疲れが、一気に取れました。


お世話になりました!!

イメージ 2

登山ブログ 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。
イメージ 15 


ありがとうございます


綺麗な山容、薩摩富士「開聞岳」
登ってみたく、でも、せっかく行くんだったらお天気の良い日がいいね。って延び延びに。
天気予報とにらめっこ。
良いお天気の日に登ることができました!

イメージ 1

平成28年3月12日(土)晴
かいもんふれあい公園9:00発-9:13二合目-9:55五合目-11:17九合目-11:40山頂12:15-14:20二合目-14:40かいもんふれあい公園着
総歩行距離7.9キロメートル

深夜1時に自宅を出発。
途中、休憩をしながら指宿を目指します。
噴煙をあげている桜島を横に見ながら
イメージ 2

池田湖からみる開聞岳。
イメージ 3
ホント、富士山みたい。
イメージ 4

あの山に登るの、登れるかな、きつそう。と心の中。
だんだんと近づく開聞岳。
ふれあい公園に到着。団体さんもいて登山者が多いです。
良いお天気だもの、明日は崩れる予報だもん、今日来るよね。
さあ、頑張って登ろう!念願の開聞岳だもの。と気合を入れて出発。
公園の中を進み、登山口へ。
イメージ 5

ずっと、森の中を進みます。
いつになったら、海が見えるんだろう。
イメージ 6

五合目に到着。
やっと、海が見えました。眺めがとっても良く、気持ちよいです。
イメージ 7

それから、また森の中。
岩も出てきて、日ごろの運動不足が、足にこたえます。
7.1合目。種子島や屋久島など見えるそうですが。
イメージ 8

この梯子を越えるともう少しかな。
イメージ 9

山頂下の神社に無事に下山できますようお願いして
イメージ 10

やっと、山頂へ。
イメージ 11
狭い山頂には、多くの人。
さえぎる物がない、360度の景色。
イメージ 12

池田湖、大きい!
イメージ 13

イメージ 14

お弁当を食べて、さあ下山。
滑りそうな岩に気を付けて、怪我をしないよう。
火山礫が歩きにくく、石車に乗らないよう、下山も時間がかかりました。

結構、きつかった~。
2か月登山してなかったし、運動不足。反省です。
イメージ 15
管理棟にて、登山バッチを購入して、にっこり 
来たかった、登ってみたかった「開聞岳」に登れて、良かったです。

登山ブログ 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。
イメージ 15 
ありがとうございます

イメージ 16



↑このページのトップヘ