イメージ 1
2018.6.7(木)扇ヶ鼻にて
ミヤマキリシマと久住山・中岳・天狗ヶ城

今年のミヤマキリシマの開花は例年より早く、なかなか日程が合わず、今年はピンクのじゅうたんは見ることができないかとあきらめていましたが、6/7に例年登る平治岳ではなく扇ヶ鼻に登ることができました。
満開は過ぎているのは解っていましたが、十分きれいで楽しめました。

8:00牧ノ戸登山口発-9:50扇ヶ鼻11:50-13:30牧ノ戸登山口着 
山滞在時間5時間半
総歩行距離6.7キロ

木曜日という平日なので登山者は多くはないだろうと自宅をゆっくり出発。ところが駐車場についてびっくり。車の多いこと あと数台で満車です。
「そうだよな、梅雨の晴れ間、平日に来れる人が来るよな。」と納得です。県外ナンバーの車が多く九重連山のミヤマキリシマの人気は高いと再認識です。マイクロバスを借り上げて来ているグループや学校行事での中学生や高校生達も。
2日続けて雨が降った後のお天気、雨でなくてよかったですね、団体さんの日程はたやすく変更できませんものね。

1月に雪のくじゅうに登って以来の登山です。
最初のきついコンクリート道をゆっくりと登っていきます。
第一展望台に着くとびっくりです。
雲海がすごいです。
由布岳が良く見えます。青空も広がってうれしい。
イメージ 2

青空が広がることを期待しながら進みます。
沓掛山からは、三俣山と星生山のミヤマキリシマが良く見えます。
いつも、この時期は平治岳に登るのでこちら側のミヤマキリシマを見るのは初めて。
星生山の北側の尾根がこんなにピンクになるなんて!
イメージ 3

それにしても、雲海が素敵です。
雲海に浮かぶ阿蘇山、風がないので中岳の噴煙がまっすぐ。
イメージ 4

このまま、青空が広がるといいね。
星生山のイメージが変わります、私の中では星生山は、硫黄山からの硫黄の臭いと星生崎の岩場のイメージ。これからは、ピンクのじゅうたんの星生山も加わります。
イメージ 5

イメージ 6

扇ヶ鼻が近づいてきました。平治岳とは違った広い一面にミヤマキリシマのピンクが広がっています。
イメージ 7

イメージ 8

星生山のミヤマキリシマ。山頂直下の岩場の所にもミヤマキリシマのピンク。
こんな星生山を見るのは初めてです。山って何度も来ていても時期が違うと全然違う。何度も来て何度も見ている風景だけど趣が違うんですよね、飽きることはないですね。
イメージ 9

雲海に浮かぶ、祖母山・傾山とピンクのミヤマキリシマ。
青空がね、やはり梅雨の時期で残念です。
この場所でこんなに雲海の広がった景色を見たことはありませんでした。
幻想的というか。見とれます。
イメージ 10

涌蓋山とミヤマキリシマ。
イメージ 11

ピンクピンクのじゅうたんの扇ヶ鼻。
イメージ 12

扇ケ鼻って近いから楽な山行。
平治岳は、ミヤマキリシマが多くお花の側に行けるけど、遠くてドロドロの黒土に悩まされながら早朝からの山行。
今年は来るのが遅かったけど満開時の扇ヶ鼻っていいんじゃない。なんて楽な方に思ってしまうくらいとっても満足な扇ヶ鼻のミヤマキリシマでした。
幸せな時間に感謝です。ありがとうございました。

イメージ 24 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。
イメージ 2