るりだま日記

くじゅうの山に魅せられ、まったりと写真を撮りながら登っています。

サッカー

後楽園からカンスタへ
 
体育館や野球場、総合運動公園の一角にカンスタはありました。
 
アウェイ入り口のところには「ようこそ岡山へ」という看板、ゴミの分別、
 
スタグルは誰もが買え、エンジとブルーが入り交じる広い空間。
 
飲み物を探すけど何処にあるのか判らなかったのが残念、中に入ったらあったけど。
 
「ビールはいかがですか」と売り子さんは来るし、不便なし。
 
ドリンクホルダーがなく、周りのファジサポさんが水筒やドリンクマグを持っているのに納得。
 
カンスタは良いスタジアムでした。
 
試合開始前に被災した方々へむけて「上を向いてあるこう」の大合唱がありました。
 
「思い出す春の日」の歌詞のところで津波の画像を思い出し
 
亡くなった方の無念さ、家族を失った方の悲しみ、を思うと涙で私にはこの歌は歌えませんでした。
 
震災、原子力発電所の事など、なんと言っていいのか、簡単ではないこと。
 
試合は決定機のなさでドローかな。
 
でも、草津戦よりずっと良かったと思います。
 
多くのサポが岡山へ、倉敷でも後楽園でも見かけましたし、
 
相手サポが多い試合って、初めての経験。堪能できました初アウェイ。
 
日帰りで疲れたけど、観光とトリの試合。また、機会があればアウェイに行きたいと思った岡山でした。
 
 
 

前々から行ってみたかった倉敷。
 
日程発表のあったときに「行きたいな岡山戦。」って思っていたけど
 
すっかりそんなことを考える余裕がなく、前日の夕方に急遽決め、
 
行ってきました、カンスタ。
 
4時45分のソニック、「こんな早い時間に誰が乗るんだろう。」と思っていたダイヤ発表の時
 
まさか自分が乗る事になるなんて。
 
確かに少なかった乗客、でも岡山に8時前には着いてる。やっぱ便利かも。
 
この分だと京都に9時には着くっていいな。
 
倉敷~後楽園~カンスタと
 
なまこ壁の蔵、柳、大原美術館、アイビースクエアと良いところでした倉敷。
 
GWだけあって観光客多かったです。時間的にお茶したり、お店を覗いたりが出来なかったのが残念。
 
それから後楽園へ。広い庭園。四季折々の花木があり年間パスポートがあるのも頷ける。
 
市民のお散歩、憩いの庭園なんだろうな。
 
それからいよいよカンスタへ。

すっかり、ご無沙汰していましたが・・・

あの再建計画をJリーグに持って行き、なっちょらんと突っ返され

それなのにどうにも出来んと同じような計画書を持って行き、追加融資保留決定。

開いた口がふさがらないと言うのは、こんな状況を言うための言葉でしょうか。

呆れるばかりです。

これでは25日の給料支払日を乗り越えれないと思っていたら

知事さんが頼んだのか分かりませんが、3金融機関が1.5億円のつなぎ融資をしてくれ
(28日に1億円で計2.5億円の融資)
どうにか今月は乗り越えたけど、来月もまた金策だなと綱渡りな大分FC。

そんなこんなな時にビックリNewS。

溝畑氏がなんと観光庁長官に就任!です。

はぁ?こんな年末の時期に人事って、新しいポストでも出来たのかと思いましたが、

今の長官を更迭してまでの人事とのこと、今の人が何か問題でも起こしたのではないみたいだし

怖いですね、大臣の鶴の一声で首になるんですから。

それも大分FCにものすごい借金を作らせ、経営危機に陥らせた人を長官に据えるんですから。

湯水の如くお金を使ったからこんな状況になったんだろうに

こんな人を長官になんかしたら、どんだけ予算を使うか。恐ろしい。

私、期待してたんですよね、新しい社長が来て経営陣が入れ替わり

九州乳業の新経営陣が、粉飾決算による会計操作があったとして

元社長・元取締役・元会計監査人に損害賠償請求訴訟を大分地裁に起こしたように

ここまで債務超過になった事の責任の追及をしてくれることを。

でも、副社長だったファンボ氏が立場は違うけど監督として大分FCに関わる事になったとき

これでは追求は出来ないなと思い、今回溝畑氏が国のお偉さんになることになり

もう、責任追及はしない出来る状況にはならないと。残念です。

我々が出来ることは、募金活動とシーパスの購入。

大分FCから再建方針と経営計画が示されました。

はっきり言わせて頂いて、「絵に描いた餅」です。

来期の収入にシーパス購入増を見込んでいるとか広告費増とか・・・

ありえんわ。シーパス購入は減ることはあっても増えることが????

我が家はここ数年シーパスを買い続けています。

来期もシーパス購入の予定だったのですが。

なんかこんな見通しの甘いというか実現不可能なことを平気で会見して、

どんな経営をしていて、9億円を超す債務超過になったのかの説明が足りないと思う。

でたらめの経理で無駄遣いと自分たちは役員報酬をたっぷりと貰って、

飲み食いとか一杯甘い汁をすっていたんじゃなかろうかと疑ってしまいます。

そんな経営でこしらえた借金を私たちがなんで返さんといけんのかな?

ポポ監督も残すことが出来なくって、選手も多くが出ていく。

来期の構想もあったもんじゃない。こんな状況でシーパスを買えと。

フロントも誰が社長になるのか、溝畑氏、原氏の辞任発表があったけど

前々から辞任して欲しかったけど、辞めて責任を取ったことになるなんては許せない。

原因を追及し、それ相当の責任を取って欲しいと思います。
にほんブログ村 サッカーブログ 大分トリニータへ

1週間も経っての更新です。自分の記憶・記録としてのブログなんで。

一応、この節を書いて、今シーズン終了。

でも、1週間も経つと殆ど思い出せない。

試合はあんまり面白くなかった。

先制され、「そうだ、消化試合」と思おうか!と思ったくらいでしたから。

1-1の引き分け。前半の攻めてたときに入れきれんかったからね。

先週の時点では・・・

シーパスの発売が発表され、知事を筆頭とする「県民会議」とやらが発足する。

という状況で「あっ!とりあえずクラブ消滅は防げた。来年もビックアイで試合が出来る。」

とちょっと安堵してた自分がいました。

お金がないから多くの選手にさようならを言わなきゃいけないのは、周知の事実で

エジには本当に心からありがとうと「エジ、ありがとう」と涙ながら何度も叫びました。

本当にありがとうございました。

エジの闘志あふれるプレー、疲れても走る走る、諦めない姿勢。

明るく人なつっこい性格、大好きです。

そして、テッペイさん。梅ちゃん。

トリニータに長く在籍して功労一杯です。

お金があれば、トリニータで指導者として残るという選択もあったろうに。

残念です。本当にありがとうございました。

セレモニーで社長のことをたたえる挨拶、違和感持ちました。

確かに溝畑氏がいなかったらトリニータはここまでなかったことでしょうが。

消滅の危機まで作ったのも溝畑氏と思います。

↑このページのトップヘ