るりだま日記

くじゅうの山に魅せられ、まったりと写真を撮りながら登っています。

鉄道、列車

開聞岳を下山後、最南端の駅「西大山駅」へ。
イメージ 1

静かな、無人駅を想像していましたが・・・・

大陸からの観光客の貸切バスが止まっていて・・・
まあ、にぎやかなこと。
何度も同じ方が、撮り直しをするんです。参りました(´Д⊂グスン
撮影スポットの順番が来ない。
イメージ 2

イメージ 3

最西端の佐世保は、行ったことあるし・・・
最北端の稚内、行ってみたい!鉄道で、ことこと。

にぎやかな集団を避け、先に出発。
次に向かったのは、3月~10月の大潮・中潮の干潟時に砂州ができる「知林ヶ島」
イメージ 4

ちょうど、大きな砂州ができて、つながっていました。
下山が遅くなって、間に合わないかと心配していましたが、
まだまだ。
でも、疲れた足は、島に砂州を歩いて渡ろう!って気を起させませんでした。片道800mほどなんですが・・・。

イメージ 5
桜島、大きいね~。

イメージ 2

イメージ 15 

皆さんの素敵な登山ブログが多くあります

ありがとうございます。













角島から湯田温泉へ。
温泉宿にてゆったり。
翌日は、瑠璃光寺の五重塔を見学。
イメージ 1

ボランティアガイドさんに案内され、公園内へ。
室町中期に建立され、檜皮葺屋根造りの緩やかな屋根勾配がきれいです。

次に向かったのは、山口駅。
3月21日(土)から11月1日(日)までの土曜・日曜・祝日の80日間運行の「SLやまぐち号」機関車C57-1号機(貴婦人)での運行です。
入場券を買ってホームで待っていると。来ました!シュッシュ、シュッシュ・・・・
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

綺麗な黒光りの車体。
一度見てみたかった「SLやまぐち号」、とっても満足。
ボッ、ボーと大きな汽笛で、お見送り。

帰路途中の門司港レトロでは・・・
「九州鉄道記念館」へ。
はい、鉄道好きなんです。
大好きな電車が、懐かしい電車がたくさんで楽し~い。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

長い時間を費やし、電車見学をした後は、レトロな街へ。
焼きカレーをいただいたりと散策。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

ちょっとした小旅行。リフレッシュな旅でした。

登山ブログ  https://outdoor.blogmura.com/tozan/ 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。
イメージ 15 
ありがとうございます。




"車窓から景色を眺めながら駅弁を食べる”って好きなんです。
 
今回は、株式会社ジェイアール西日本フードサービスネット さんの
「駅弁をお客様のお席までお届けします!!
山陽新幹線区間(新大阪~博多)をご利用のお客様で事前にご予約いただければ、どなたでもご利用いただけます。」
ということで駅弁を予約しました。
往路:しゃもじかきめし \1,200(税込)
復路:神戸のステーキ弁当 \1,230(税込)

イメージ 1
 
乗り換えに時間がないとき駅で買う手間が省けるし、車内販売の来るのを待ったり、売り切れを心配する必要もなし。
 
駅弁好きには、とっても助かります。
 
登山ブログ  https://outdoor.blogmura.com/tozan/ 
皆さんの素敵な登山ブログが多くあります。

台風は過ぎたけど山のお天気は、まだまだ。
ここ3週続けて、週末のお天気は悪く、残念な今日は湯布院へ温泉へ~。
 
途中、JR九州の「クルーズトレインななつ星in九州」と並行して走り、
南由布駅に停車中にゆっくりと眺めることができました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 5
 
イメージ 3
バスの番号も「7」なのね~
 
「素敵!、綺麗!」とうっとりな車体でした。
良いお値段だけどすっごい倍率。すごいねぇ~。
おいしい食事と九州を列車で周る旅。
どのような方々なのかしら❔
 
そして、由布院駅のコンコースでは、駅員さんたちの手作りの由布岳か゛。
 
イメージ 4
 
140センチ四方に50センチの由布岳がそびえています。
本物そっくり。素晴らしい!。
お天気がよく由布岳が見えれば、稜線が重なって見えるらしいですが、今日はガスってて由布岳は見えなかったので残念。
 
駅にはたくさんの観光客の方がいましたが、この由布岳を一生懸命眺め、写真を撮っているのは私だけ
(このミニチュアの前で大きな旗を広げ歓迎をされている方々が居て、ミニチュアが見ずらかったから観光客の方にはわからなかったんでしょうね。)
山好きには、たまりませ~ん。駅長さんを始め駅員さん、こんな素晴らしいミニチュアを造ってすごいです。
由布岳の好きな方、ぜひ見に行ってください。
 
それから、由布岳温泉に入り、気持ち良かったです。
 
 

↑このページのトップヘ